生涯エンターティナーの男の物語を

紹介するのが遅くなりました。

去る、4月21日に行われた月例の『アクティヴ・カフェ:82才/生涯エンターティナーの男の数々のパフォーマンス』の模様です。

146122064868514612206577921461220666530

146122068145514612207133861461220721552

1461220736584

幕開きは、パントマイムからスタートです。

続いて、クラリネット演奏。「春の小川」や「チューリップの歌」などを、演奏をバックに皆さんで合唱🎤
お嬢さんのセクシー腰つきフラダンス😍💕

その後、昔話で「嫁の屁」の話で大爆笑😀

「嫁の屁」話は各地にあり、「屁ひり女房」・「屁っぴり嫁ご」・「屁ったれ嫁っこ」などと言い回しは少し違いますが同じ内容の昔話です。

働き者で親孝行な良い嫁を貰ったが、その嫁の屁が母親をも家から畑まで吹き飛ばすような爆発的なもの。それが元で離縁されるが、その強烈な屁がひょんなことから意外なところで役に立つ事が判り目出度く復縁。この家族は、いつまでも仲良く暮らしましたととさ、と言うお話をとっても愉快な話芸で聞いている者を魅了し抱腹絶倒。こんな楽しく大きな笑い声を聞いたのは、何十年ぶりでしょうか。
最後は紙芝居で昔の津山の生活。
台所や洗濯、蚊帳などの話をされました。

82歳の高齢にもかかわらず、とてもお元気で、用意したマイクも使わず、地声で話をされました!

入居者やこの話を聞かれた方々も、高見さんから大きなパワーとエネルギーを貰いました。

貴重な時間を、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です